PRODUCT INFORMATION

製品情報

冷え 他の症状から探す

養生法


  • ・不規則な生活は冷え症のもと。規則正しい生活を心がけましょう。

  • ・冷たいものをとりすぎない・栄養バランスのよい食事をとる・規則正しい食事をしましょう。

  • ・バランスの取れた食事を一日3食とりましょう。アイスクリームや冷たいジュース、生野菜、果物などの大量摂取は避け、体を温める食品(生姜、ねぎなど)を食べましょう。
    冬には根菜類やカボチャなど旬のものを食べるのがおすすめです。

  • ・締めつける下着は着ない、靴下や腰巻きなどで腰から下を冷やさない、薄着をせず、重ね着をするなど体を冷やさないように工夫しましょう。

  • ・冷暖房は控えめにする、シャワーではなく、お風呂に入る、オフィスなど冷房が強いところでは膝掛けなどで防寒するもの良いでしょう。

  • ・体が冷えると血行も悪くなり、体液の流れも滞りがちになります。できるだけ体を温めて、血液の循環を良くすることが、むくみなどの改善につながります。

  • ・ストレッチやマッサージ、指圧などで、緊張した筋肉をほぐしたり、(血行をよくする)ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を心がけましょう。

むくみ
むくみは水分代謝に直接かかわる胃腸機能、肺機能、腎機能に起因するものが多いです。
漢方はカラダの中の水分代謝を改善します。

不眠
漢方薬は、西洋の睡眠薬のように、1剤で確実に眠れるというものではありません。
不眠に陥りやすい体のリズム障害や不調をなおし、原因となる精神的・肉体的な不調を整え、自然な眠りがおとずれるように調節するものです。

生理のお悩み
西洋医学的な検査で特に原因となる病気がない場合は、漢方薬による治療も行われます。
生理周期が早くなりがちで量が多く、かたまりが混ざるような出血があり、下腹部や腰痛がある方は”実証”。
また、生理が遅れがちで量が少なく、生理期間中、鈍痛が続く方は”虚証”と診断されます。
それぞれの「証」や生理痛以外の症状に合わせた漢方薬を使います。

※実証:胃腸が強く、体力がある丈夫な方
※虚証:胃腸が弱く、体力がない華奢な方

痛み
冷えは腰痛、関節痛など痛みの原因になることがあります。
漢方薬にはこれら痛みの原因が冷えにある場合に、からだを温め、痛みをやわらげる効果が期待できます。