PRODUCT INFORMATION

製品情報

尿トラブル 他の症状から探す

養生法


  • ・適切な量の水分補給を行ないましょう。就寝前に多くの水を飲むと夜間頻尿を招く恐れがあります。

  • ・トイレに行くことを我慢しない、下腹部を冷やさないようにしましょう。

  • ・抵抗力を落さないために、ストレスや過労を避け、体を冷やさないようにしましょう。

夜間頻尿・尿もれ
「尿が近い、尿の回数が多い」という症状、一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。しかし、1日の排尿回数は人によって様々ですので、一概に1日に何回以上の排尿回数が異常とはいえず、8回以下の排尿回数でも、自身で排尿回数が多いと感じる場合には頻尿といえます。
漢方薬は排尿にまつわる諸症状の緩和にお役立て頂けます。

排尿痛・残尿感
排尿痛や残尿感は急性膀胱炎や前立腺炎、尿道炎など下部尿路の炎症性疾患に特有の症状であり、頻尿などの他の排尿症状と一緒に起こるケースが多いようです。漢方薬には細菌を直接殺す作用は期待できないため、原因が細菌の場合には抗生物質を使用する場合が多いようです。漢方薬は体内の水分バランスを整え、排尿をうながすことで原因となる菌をからだの外に排出し、炎症を抑えることによって排尿痛や残尿感を改善させます。