PRODUCT INFORMATION

製品情報

ストレス 他の症状から探す

養生法


  • ・三度のバランスの取れた食事をきちんと取り、規則正しい生活を心がけましょう。

  • ・起床時刻を一定にし、睡眠のリズムを整えましょう。

  • ・めまいや頭痛発作の原因になるストレスや疲労、睡眠不足を避け、日々リラックスすることを心掛けましょう。

  • ・パソコンに長時間同じ姿勢で向きあうことや、目の使いすぎは頭痛の原因になります。

  • ・就寝前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かりリラックスしましょう。

  • ・ストレスがたまるとちょっとしたことでイライラするなど、交感神経が興奮しやすくなり、血圧の上昇につながります。
    普段から趣味やスポーツなどでストレスを発散するなど、ストレスとうまく付き合うようにしましょう。

不眠
漢方薬は、西洋の睡眠薬のように、1剤で確実に眠れるというものではありません。
不眠に陥りやすい体のリズム障害や不調をなおし、原因となる精神的・肉体的な不調を整え、自然な眠りがおとずれるように調節するものです。

頭痛・めまい
頭痛の原因は人によって異なります。
漢方では個人の症状、体質に合った薬を選ぶことができます。
たとえば、緊張型頭痛の方がなりやすい肩こりや目の疲れなどの症状も、同時に改善させることができます。

のどのつかえ感
漢方では、「梅核気(ばいかくき)」「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」と呼ばれている病態があります。
昨今ではヒステリー球とも言いますが、これらは「気が上逆して咽喉を塞いでしまう病」で、まさに現代の咽喉頭異常感症だと考えられています。
漢方の概念に「気・血・水(き・けつ・すい)」というものがありますが、梅核気、咽中炙臠は気の巡りが悪い「気うつ(気滞)」によって起こる症状と捉えられています。そのため、気を巡らす治療をしていくのが、一般的です。

※気:精神的なエネルギー
※梅核気:梅の種がのどにつまった感じ
※咽中炙臠:炙った肉がのどにはりついた感じ